2011年11月18日

やはりARC'TERYX様ですわ。

昔、何かの本で読んだような。
まめ.png
マメ。ツルを左巻きは右巻きへ、右巻きは左巻きへと、
巻く方向を無理やり逆にして育てると、その年の収穫量はアップするそうな。
つまりは、ストレスを与えると、より実るんだとな。さもありなん。
人間とマメは違うのは当たり前のこととして、
数年後の自分自身の「取れ高」を、秘かに期待している今日この頃。
しんどい日々も、豊作のためならエンヤコラです。

うちの店は、すでに大豊作です。
020.JPG 019.JPG
ARC'TERYX ATOM LT HOODY。ようやく残りのカラーが入荷して来ましたよ。
画像左:SQUID INK、右:DEEP DUSKです。あー、エエ色。
002.JPG 008.JPG
超撥水加工されたナイロン製の表地に、胴体・腕・フード部分には中綿として、
軽量且つ保温性にめっさ優れたCORELOFTが使われています。
両サイドわき下から裾にかけては、通気性と伸縮性に富む素材:
POLARTEC POWER STORETCH HARDFACEが使用されています。
わき下には、中綿が入ってへんのです。つまりはね。
まぁ、簡単手短に言うと、軽い・暖か・蒸れ知らずと、
冬のアツモノJKTに備わっていて欲しい機能が揃っているってことですよ。
汗かき・暑がり・程よいフィット感をお求めの方は、コチラATOM LT HOODYを。
お値段やさしめ、税込¥31,500です。ビバ!円高!!
そして同時入荷しましたのが、
030.JPG 029.JPG
ATOM SV HOODYですよ。コレ、お待ちかねの方も多いはず。
画像左:NIGHT SHADE、右:BLUE RAY。鮮やかです〜。
で、前述のLT HOODYと、どこがどない違うのかと言いますと。
物事を簡略化して分かりやすく他者に伝える能力と、その人の知性って
比例するって聞いたことあります。だから簡単に言いますね。
「中綿の量」。それと「サイズ感」。あと「小ワザ」以上。
013.JPG
画像のおっさんばりに、袖を通せばとろけてしまう事請け合いな着心地。
LT HOODY同様、羽衣かっちゅう位の軽さと滑らかさです。
ちなみに↑↑は、THAT'S ARC'TERYX!な、BLK。しぶい。
LT HOODY、SV HOODYともども入荷しています。
015.JPG 004.JPG
こちらSV HOODY・前述LT HOODYともども、Mサイズを着させてあります。
上の画像でサイズ感の違い、分かっていただけますかね。
わき下にまで中綿もっさり・全体の中綿量もLTに比べて多めなんで、
SV HOODYは、ゆったりサイズになってるんですね。
なお、保温性はコチラSV HOODYの方が高いです。ま、当たり前か。
で、細かいところでは、
037.JPG 039.JPG
寒い朝晩、ここも弁慶の泣き所認定してええんちゃうかと思える場所:首もとを、
優しく快適に守るためのシステムに少し差が付けられています。
左がSV HOODY、右がLT HOODYです。お分かり?
SV HOODYは、さらりと滑らかな生地を首筋やあごもとに更に充てることで、
肌への設置面に、あの「ひやっ」感を、より感じさせない工夫がしてあるんです。
税込¥37,800なり。1枚ぐらい、本物を手に入れてもエエんちゃいますか。

フィット感・蒸れ無しのLTか、暖かさ・至れり尽くせりの着心地のSVか、
ご自分のお好みに合わせてお選びくださいな。ま、在庫があればの話ですけど。
来週から、ようやく冬めいて来るようですし。鹿児島も。

ウチは、LT HOODY買いました。早く着たい・・・。
今季はまだいっぺんも「寒いね」って言うてへんし。
 
posted by DWmayuko at 17:07| 鹿児島 ☔| 商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

patagoniaこの冬イチオシの。

行きつけの銀行にこんなポスターが↓↓
かぎんのコピー.jpg
何を小賢しい。いらんお世話です。しゃらくさい。
景気を上げたいのか、どん底へ引きずり込みたいのか、
立ち位置のわからんキャッチコピーです。銀行さん。

気が大きくなってもダメージの少ない、しかし素敵なJKTが入荷です。
016.JPG
patagonia ISTMUS PARKAですよ、兄さん。
イスマスパーカ、と読みます。どこぞの小さな島の湾の名前のようです。
日本びいきのゲームオタクが付けたんかと思いましたが。
こちらISTMUS PARKA、今季リリースされるpatagonia商品の中で、
うちの店ではイチオシの商品なのです。
003.JPG 004.JPG
どないでしょう。ほら。これ。良くないですか?
覚えてらっしゃる方もいるでしょう。6・7年前に廃盤になった、
名作:INFURNO JKT(インファーノジャケット)をほんのり思い出させる、
フリース裏地のおっさんJKT、再降臨です。
006.JPG 011.JPG
おっさんJKTなんて、ミもフタも無い言い方をしてますが、
関西人特有の愛のある悪口と捉えてくださいな。
レトロ感香る、なんて言うとこっぱずかしいじゃないですか。
完全防水・防風ではありませんが、耐久性撥水加工を施してあるので、
ザンザン降りでない限り、雨風をかなり防ぎますよ。
表地とのコントラストも絶妙な、毛足の長いフリース裏地のおかげで、
ふわふわもこもこ、ぽかぽか暖かいのですよ。
フロントポケットはスナップ付き。横にハンドウォーマーも完備。
起毛裏地でひんやりしませんよ。至れり尽くせりね。
009.JPG 014.JPG
フードは取り外し可能。ささっと外してイメージチェンジ。
首周りにも、ふわもこ裏地。写真撮ってる11/4現在、ぶっちゃけ暑いです。
真冬でも、ニットやスウェットににコレ羽織るだけでも充分ちゃうかしら。
021.JPG 023.JPG
カラーは3色。ウチが着てるのはSEAWEED、ゴールド系の裏地がエエね。
左:PEAT BROWN。裏地はナチュラルベージュ。くま的可愛さをアナタに。
右:BLACK。裏地はグレーです。なんだか仕事出来そうな雰囲気に。

機能性に秀でた最先端のJKTを、さらっと着こなす方も大好物ですが、
こういうドンくさいJKTを、イヤミなくしれっと着られる方も素敵です。

若人がよく着てる、うんこちゃんブランドの「マンパ」と比較すれば、
機能性は、はるかに高いのですよ。ドンくさい連呼してますけどね。
あしからず。

patagonia ISTHMUS PARKAです。税込¥28,350なり。安っっ
posted by DWmayuko at 16:02| 鹿児島 ☔| 商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。